内科・人工透析内科

院長ご挨拶

  • HOME »
  • 院長ご挨拶

プロフィール

 

院長先生

プロフィール

 


ご挨拶

平成26年4月1日に宮崎市新名爪に内科診療所を開院致しました
子育て中の「ママさんドクター」二人で診療をさせて頂いております
当院で働いているナースやクラークの半数以上が子育て中で
出産を控えているスタッフもいます
患者さんとのコミュニケーションを大事にして
女性の視点を生かし 温かい雰囲気を大切にした医療を
スタッフ一同 助け合いながら提供していきたいと考えています

私が医師を志したはじまりは と考えると
小学校1年時の文集に
「父の後を継いで医者になりたい」と書いた事を思い出します
実家は延岡の「日髙内科医院」で 現在は医師の姉が手伝っています
父の叔母は 東京女子医専を出て医師として働き
母方の祖父も 大分県佐伯市で開業医をしており
医療の世界が身近にあったことで
あまり迷うことなく医者の道を選びました

父は日本医科大学属附病院で内科医として勤務しておりましたが
祖父である「日髙勝三郎」の意向もあって 延岡に帰郷し
それから約40年間にわたり 地域医療に貢献してきました
そんな父の背中をみて育ちましたので
地域医療に対する想いは自然に身についているものと信じて
日々診療に当たっています

 

癒しの医療を求めて

科学的根拠に基づいた知識を深め
医療の技術を磨いていくことはもちろんのことですが
それだけでは私たち人間は癒されません

私たちが癒されるためには人と人との心の触れ合いが大切だと考えています
患者さんひとりひとりに心を込めて 献身的に温かい気持ちで接することで
治る力を最大限に引き出すことができ
予想以上に薬の効果を得ることができるのではないでしょうか

職員それぞれが十分に力を発揮できるようお互いの立場を尊重して
意見を述べ合い チームワークの力を高める努力をしています

当院では職員一丸となって癒しの医療を提供しようと努めております
ここに来てよかった またここに来たい と思って頂けるような
医療機関を目指していきたいと思っています

快適な空間で患者さんの心を癒すことができるよう
当院では設計段階から配慮を重ねてきました
構造は宮崎県産材を使った木造二階建て建築で
腰壁や天井まで県産材の杉板を施しています

玄関に一歩足を踏み入れると 木の香りが心地よく漂ってきます
トイレでは空間を広く感じられるよう 全てタンクレスにしました
廊下やトイレにはゆったりとしたジャズのBGMを流して
トイレの使用音が気にならないようにするなどの工夫をしました

一階は一般的な内科診療所ですが 二階は人工透析内科となっており
毎日 血液透析の治療を多くの患者さんに行っています

治療を受ける間 少しでも快適に過ごせるよう
天井は中央部分が屋根裏まで吹き抜けで大きな組柱は見えるようにし
照明は間接照明にして 圧迫感や目に刺激が無いように配慮しました

透析ベットにも工夫をしています
全てのベットを3モーターベットにし油圧サイドテーブルを付け
DVD付19インチテレビを備え
寒がりの患者さんが多いことに配慮して
当院が考案したカーシートヒーターを用いた
ダブルヒーターマットレスバネボトム仕様で
寝心地座り心地とも良く大変好評です

 

こだわりの透析

透析膜を介して血液と透析液を接触させ
主に拡散の原理で血液中の対象物質を除去するのが
血液透析(HD:hemodialysis)です

当院ではオンラインHDF対応の透析監視装置を取り揃えております

HDF(hemodiafiltration)とは
血液透析に濾過の原理で対象物質を除去する方法を加えたものです

オンラインというのは
透析装置から供給された透析液の一部を補充液として
回路に注入して行う方法です
簡単に言えば
透析の機械を使って余分な毒素や水分を除去するのが血液透析なのですが
それでは十分に除去出来ない毒素をさらに抜き去ることができるのが
血液ろ過透析(HDF)なのです

HDFは通常の血液透析では十分に除去できない
分子量の大きな尿毒素を除去できるため
透析による長期の合併症を予防できるとされています
関節痛や皮膚の掻痒感やイライラ感などに対しても有効です

透析装置から供給された透析液の一部を補充液として
回路に注入するため 透析液は極限まできれいにすることが必要です
通常は透析液が通る菅の中は薬液を使って消毒しますが
薬液だけでは消毒しきれないデットスペースといわれる配管接合部が存在します

当院では薬液消毒に加え 熱水消毒システムを採用し
デットスペースに対して熱伝導作用による消毒効果を期待しています

当院の透析監視装置はすべて全自動で 透析通信システムを導入し
患者さんの細かなデータはすべてシステムで管理しています
それによって 安全な透析治療を支援し 透析業務の効率化を図り
そこで生まれた時間をより細やかな看護や
コミュニケーションに利用するようにしています

当院のモットーは透析を受ける患者さんの生活を全般的に支援することです
まずは十分な透析を受けることが大切で
希望に応じて長時間透析やオンラインHDFを行っています
透析患者さんが元気で長生き出来る様
これからも最大限の努力をしスタッフ一同で対応していきたいと思います

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0985-72-8181 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)
緊急連絡先 080-2751-3834

アイレ(AIRE)HDとは

aire


Aire MD レストラン


Aire HD クリニック 求人情報


人工透析の時間増やすと


「お薬手帳」には、決定的な不備がある

アクセス

minimap

診療日カレンダー

PAGETOP
Copyright © アイレHDクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.